がんばれ、異国のママ

2010年11月30日 23:37

こんばんは、ショコラママです。

 

今日幼稚園から帰ってきたときに、

ちょうど同じマンションに住む

ショコラ息子と同じ年の女の子と会いました。

 

違う幼稚園に通っているので

あまり会わないのですが、

なぜかとても気の合う二人。

 

せっかくなので一緒に遊ぶことにしました。

 

実はそのご夫婦は中国の方で、

パパはかなり日本語がうまい。

 

ママは何とかできるといった感じなので、

彼女と話すときはゆっくり簡単な表現になるように

話すようにしています。

 

でも、やっぱり話題は育児のことになります。

 

「男の子は夜泣きや風邪が多いけどなんでだろう」って

育児相談にみたいになりました。

 

「うちは男だけだけど、同じように悩んだよ。

でもだんだん朝まで寝るようになるし、

身体も丈夫になっていくよ」って話したら

ちょっと安心したようでした。

 

外国人の方には日本の予防接種のシステムが

わかりづらいこともあるのか、

就学前にMRワクチンの追加接種をすることを

知らないようすでした。

 

実はショコラ息子も未接種なので

急がなくちゃいけないのですが、

教えてあげられてよかったな。

 

こんな私でも相談相手になったかしら?

 

ブログ

せまりくるおゆうぎ会

2010年11月29日 12:41

こんにちは、ショコラママです。

 

今週金曜日はショコラ息子の幼稚園で

おゆうぎ会は開かれます。

 

少し前になりますが、保育参観でおゆうぎ会の練習風景を

見せてもらうことができました。

 

歌に合奏にオペレッタ。

 

いろいろあって大変そうです。

 

中でもオペレッタでこうもり役であるショコラ息子は

なんと一番最初に舞台に登場する役どころで、

セリフも一番最初に言わなければならない。

 

・・・大丈夫なのか?

 

練習とは言え、お母さん方が見ている中、

緊張した面持ちなのがありありで、

まだまだ練習が足りませんといった状態でした。

 

頑張っているのはわかっているし

そっと応援してあげるだけでいいのに、

せっかくだからとアドバイス。

 

そこはああしたら?とか

もっとこうすればいいのに!とか

つい余計なことを言うと、

これまで見たことのないほどむくれてしまい、

しゃべってくれなくなりました。

 

あーあ、やっちゃった。

一番最悪なパターンです。

 

ショコラの実母であるショコラババは

褒めもしないけど、あまり口出ししませんでした。

 

それを一番ありがたく思っていたのはこの私なのに、

同じような育児がぜんぜんできません。

 

もう本番まで数日ですが、

何も言うまいと固く決意するのでした。

痛いけどガマン

2010年11月25日 21:12

こんばんは、ショコラママです。

 

昨日は年に一度の乳がん検診に

行ってまいりました。

 

実はショコラママの住む市内には

マンモグラフィが常設された病院がないので

マンモグラフィ車?がやってきて検査してくれるのです。

 

経験者の皆様ならご存知のあの検査・・・

これでもかって胸を挟まれて

ぺったんこにされるんですよね。

 

それが本当に痛い。

 

初めて検査を受けた時もびっくりしたけれど、

こればっかりは慣れるってことないんじゃないかなぁ?

 

ブイーンって機械に挟まれて

「痛いから早く撮ってくれー」と思っているところに

「はい、もうちょっと締めます」って

無情なレントゲン技師さんの一言。

 

限界までもうひと締めされて

この寒い時期でも汗ばむ思いです。

 

健康相談に乗ってくれる保健婦さんは

「忙しいと思うけど、検査はちゃんと受けたほうがいいですよ」と

言っていました。

 

でも、育児をしているママの声は、

「風邪でも病院に行けないのに健康診断なんて無理」

「妊娠中に血液検査したのが最後」

が圧倒的だったりします。

 

育児相談も大切だけど、

家族の太陽であるママの健康もとっても大切。

 

自治体の健康診断なら補助があって

負担金も少ない場合が多いので、

機会があったらぜひ受けるようにしたいものです。

 

あっ、でも乳がん検診は授乳している間はできないので

ご注意を!

テレビと夢を食べるバク

2010年11月23日 14:27

こんにちは、ショコラママです。

 

久しぶりにぽつっと祝日があって

何だか得した気分。

 

ただ、勤労感謝の日で

私の住む地域のゴミ収集がお休みになってしまい、

大量のごみを次の収集まで保管です。

 

でも、ゴミがいっぱいなのは育児のせいではなく、

ショコラ一家が食べ過ぎが原因ですが。

 

話は変わりますが、

最近マイペース次男にちょっとした異変があって

育児相談したいなと思い始めているところなんです。

 

夜、寝ていると目が覚めてしまうそうで、

ちょうどブログを書いている深夜に

私のところに来たりします。

 

すぐにベッドに連れ戻すのですが、

次の日に聞いてみると忘れてしまっていることもあれば、

覚えていることもあり、理由も様々で全部がねぼけではなさそう。

 

中でもコワイ夢を見てしまうこともあるそうで、

この年で悪夢にうなされるとはちょっとかわいそうです。

 

そこで魔法のおまじないを伝授。

 

「バク、バク、バク」と唱えるだけですが、

この「バク」とは悪い夢を食べてくれる伝説で

有名な動物の名前です。

 

単純ですが、

「バクが悪い夢を食べてくれるから大丈夫だよ」

の言葉でちょっと安心してくれたみたい。

 

でもこの悪夢、よくよく聞いてみると

日中テレビで怖いなと思う映像を見たりすると

出てくる確率がアップするらしい。

 

大人には何でもないようなことでも

小さい子にとっては刺激になるってことですね。

 

ついテレビをつけっぱなしにしてしまいがちな点は

あらためないと。

 

育児においてもテレビに子守をさせてばかりいると

言葉の発達に影響が出る場合があると、

赤ちゃん時代からのメディア漬けには

警鐘を鳴らしています。

 

子どもと相談して見る番組を決める、

そしてその時間以外はテレビを消すように

してみたいと思います。

 

ブログ

ランドセル、ゲットだぜ

2010年11月21日 21:40

こんばんは、ショコラママです。

 

ついに買ってまいりましたよ、

ららんらーんランドセル。

 

今日こそは決めるぜ!と鼻息荒く1つめのお店に行くと・・・

緑色のランドセルがない!

 

これじゃ話にならないと去りかけた眼の端に

「期間限定!今なら2割引き」の文字が踊り、

「緑じゃなくてもいいのでは?」と頭の中で悪魔がささやきます。

 

「い、いかん。6年間使うものなんだから、

気に行ったものにしなければ」と

あやうく割引の魔の手に落ちかかったところで

2つめのお店へ。

 

そこはちょうど2週間くらい前に

別の用事で訪れたときに下見したところで

いいなと思っていた2つの候補から選びました。

 

値段が高い方だったけど、

ま、まぁ6年間使うんだしね・・・(汗)

 

先輩ママに相談して、脇にある給食袋なんかをかける

Dカンは2つあったほうがいいなどの

アドバイスに従って

それに合ったものを買えたのはよかったかな?

 

でも、この前見た時はランドセル売り場は空いていたのに、

今日はすごく混んでいてびっくり。

 

オーダーメイドのランドセルは

もう締切のところが多いようですが、

育児情報誌には10~11月に購入する割合が高いと書いてあったし、

普通に買うなら今頃がピークなんですね。

 

とにかく欠品になった緑色のランドセル探しのために

あちこちに相談しなければならない危機は

回避できてよかったです。

 

ランドセルを買うって、

その子にとっておそらく1回きりのことですし、

ある意味育児イベント。

 

なんだかバタバタと決めてしまって

ちょっともったいなかったなーなんて

思ったりもしています。

 

ブログ




ikujisoudan.jp