今年のおゆうぎはいかに

こんばんは、ショコラママです。

 

運動会・おいもほり・観劇会と

秋の三大イベントが終了して

ホッとしているのもつかの間、

2学期のファイナルイベントである

おゆうぎ会の練習がすでに始まっています。

 

育児をしている親よりも

なんだか先生の方が大変そう。

 

育児相談の対象となりそうないたずらを

ショコラ息子がしでかさないよう祈るのみです。

 

さて、年長さんが挑戦するのは、合奏とオペレッタ。

 

年少・年中・年長と成長を見てきた保護者の皆さんには

またしても涙腺ゆるむイベントとなります。

 

特にオペレッタは先生のピアノに合わせて

歌あり踊りありの劇なので、

なかなか練習も大変そう。

 

子どもの劇を観ていつも感心するのが、

台詞や動きは全て先生からの口頭の指示のみなので

よく覚えられるな~ということ。

 

自分の年齢ではもはやできない芸当です。

 

ところで今年ショコラ息子が挑戦する劇のタイトルが

「もりのたのしいなかまたち」。

 

タイトルを一見しただけではどんな話なのか

さっぱりわからぬ上に、息子の役は「こうもり」。

 

りす、うさぎ、くまなどの中において

なんとも異色な役。

 

どの役にするかはみんなで相談して決めたと思うのですが、

どうして「こうもり」なのかな?

 

問いかけてもこれといった回答をしてくれない

ショコラ息子です。

 

ブログ


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008