お誕生日会から学んだこと

こんばんは、ショコラママです。

 

9月になりいよいよ新学期ですが、

幼稚園は月曜日から始まっています。

 

8月30日と31日は夏季保育で、

2学期はあくまでも9月1日からなのですが。

 

うちの子が通う幼稚園では、

その月にお誕生日を迎えた子たちのための

お誕生日会があります。

 

その日はお誕生月の子が主役になれる日で、

「お誕生日を迎えた子だけに」という特別感がいっぱい。

 

父兄も参加も、お誕生月の子だけに限られます。

 

先生が作ってくれた似顔絵つきの冠をかぶり、

ホールの舞台でインタビュー&リトミック披露。

 

「将来何になりたいですか?」という質問に

「野球選手になりたい」って言ってたけど、

それほど野球が好きだったかしら?

 

教室に帰ると、ケーキのお楽しみが待っています。

 

夏場なのでゼリーでしたが、

「夏だからって毎年ゼリーはどうなの?」って

ケーキ屋さんに相談したいショコラママ。(←クレーマー?)

 

ここでもお誕生月の子たちが

真っ先に配ってもらうことができるのです。

 

どこまでも貫かれる「あなたが主役」。

 

先生とママと3人一緒に撮影してもらった写真を

写真立てに入れてもらい、

先生からのメッセージカードももらいます。

 

ショコラ息子もとてもうれしそう。

 

そんな様子を見て、特別を味わうのって大切なんだなと

感じました。

 

自分が大事にされてるってことを実感できる

1年に1回しかない誕生日に

心からおめでとうって言ってあげることが重要なんだ。

 

育児をしていく上で得ることは、

育児相談して解決するだけじゃなく、

体験から学ぶこともあるんですね。


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008