どうする?ランドセル

こんにちは。

 

いきなり秋が到来?

朝なんてすごく涼しくてびっくりしたのですが、

これが平年並みなのだとか。

 

一頃の猛暑にはならないなら、

暑くてもいいと思う夏女・ショコラです。

 

ところで年長のショコラ息子は、

春になったら一年生。

 

となれば、どうする?ランドセル。

 

1学期の終わりには、

オーダーメイドランドセルのご案内や

ランドセル相談販売会のお知らせが

幼稚園を通じて配られたりして、

いよいよ?って気になります。

 

脱ゆとりの影響でランドセルが

大型化しているそうですね。

 

教科書の厚みがアップするとか、

A4サイズのクリアファイルが

折り曲げないと入らないという声を

反映しているのだそうです。

 

いままでの大きさでも、

一年生にしてみたら

とんでもなく大きいランドセル。

 

これ以上大きくなって大丈夫?と心配になりますが、

部品などを改良して強度を保ちつつ、

計量化に成功したらしい。

 

ならば大きい方がいいの?なんて親の心配をよそに、

ショコラ息子は「緑がいい」と宣言しています。

 

そう、子どもにとっての問題は色です。

 

今は色も豊富に揃って目移りするほどですが、

色が増えている分、数量が限られます。

 

年明けに安くなるランドセルを期待していたのに、

もともと数が少なそうな緑を待つというのは厳しい。

 

倹約家としては、息子を説得したいところですが、

6年間ずっと使うランドセル。

 

緑がいいと早くも相談してきた息子が

気に行ったものを買ってあげたいというのは

親ばかでしょうか?

 

小学生になれば、育児も一区切り。

 

子供の成長の本当に早いし、

ベタベタできる育児ライフももう終わりが

近づいているんですね。

 

ブログ


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008