戻ってくるのがブーメラン

こんばんは、ショコラママです。

 

三連休でお出かけ中という方も

多いかもしれませんね。

 

猛暑も少し収まって、育児の定番、

外遊びも復活です。

 

この前も「何して遊ぼうか?」と

兄弟で相談して決めたのがブーメラン。

 

夏に子ども会で行ったラジオ体操に休まず行った子には

皆勤賞がもらえるのですが、

その賞品の一つがブーメランだったんです。

 

調子に乗って遊んでいたら、

松の木にひっかかった。

 

けっこう上の方だったので、

傘程度の長さでは到底届かない。

 

家にあったソフトボールや野球の硬球などを

かき集めて投げてみるも

なかなかうまく当たらないし、

当たったとしても密集している松のとげが邪魔して

どうしても落ちてこない。

 

ついには、投げてたボールもひっかかってしまい、

踏んだり蹴ったり。

 

汗だらだらで続けていたら、

近くの建築現場のお兄さんが見かねて

長ーい棒を持ってきてくれて

ブーメランを取ってくれました。

 

「ボールもひっかかってるんだけど」

こういうとき遠慮なく言ってしまうのが子どもです。

 

「ちょっと!そういうことはお母さんに相談してから言ってよ」

と思ってももう遅い。

 

でも、さすが職人さん、

今度はひょいひょいと松のとげを物ともせず

木に登ってくれました。

 

でも、とげはやっぱり痛そうでしたけど。

 

育児は人の助けを借りることも必要というけれど、

自分からお願いするのって勇気がいるものです。

 

そんな時、今回みたいにさりげなく助けてくれて

本当にありがたかったです。

 

ブーメランもボールも無事に戻ってきて

めでたし、めでたし。

 

illustC2355


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008