お彼岸の過ごし方

こんばんは、ショコラママです。

 

急に寒くなって、何を着たらいいんだろうかと

家族で相談しながら、

タンスの奥から長袖衣類を引っ張り出しました。

 

基本的には薄着がいいと育児書にはあるけれど、

急激な気温の変化は要注意。

 

運動会の練習疲れもあって

風邪をひきやすいですからね。

 

ところで、お彼岸の中日にはいつも実家に帰るのですが、

こんなにひどい天気は久しぶりで、

お墓参りにも行けずという不義理をいたしました。

 

ショコラママの実家は本家なので、

年2回のお彼岸と、夏のお盆には親戚が集まるという

古い風習が残っています。

 

で、その準備が結構大変なため、

独身の時も、結婚してからも子供が生まれるまでは

必ず手伝いに駆り出されていました。

 

まぁ普段まったく家事手伝いをしていなかったので

その罪滅ぼしもありまして。

 

なにしろ小さい頃からのならわしなので、

春分の日と秋分の日に行楽に出かけるという

選択肢はないことが当たり前でした。

 

結婚する前のショコラ旦那も、

二十代の女性から「お彼岸」というフレーズが出てきた時は

びっくりしたと言っています。

 

今は、実家がちょっと遠いのと

育児中と言うことで手伝いは免除となっていますが、

そろそろ子どもにも手がかからなくなってきたので

復帰も近い?

 

今の自分があるのは、

脈々と受け継がれてきた命の連鎖であることを

お墓参りやお彼岸のこと、ご先祖様のことを通じて

子どもにも教えていってあげられたらなと思っています。

 

ブログ


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008