怒った気がしない

こんにちは、ショコラママです。

 

男の子の育児ってどうしても

怒る回数が多いような気がしますが、

皆さんはどうでしょうか?

 

鬼の形相&どすを利かせた声で注意するなんて、

もはや当たり前になってしまったことに

改めて気付かされたことがありました。

 

きっかけは、「クッキングアイドル」なる女の子が活躍する

教育テレビの番組。

 

子どもが生まれて教育テレビが

必須チャンネルになったご家庭なら

ご存知の番組ですよね。

 

「カワイイ」としか形容しようのないその子は

女の子に絶大な人気があるそうですが、

その主題歌をわたくしショコラママが声マネで歌うのです。

 

ただし、親子ほどの年齢差ゆえ相当無理があるらしく、

子どもたちはどうか止めてくれと頼む。(失礼な!)

 

それでも止めないでいたら、

「怒る時もその声で怒ってよ」と二人。

 

「それはできない相談だね。だって怒った気がしないもん」

と思わず言ってしまいました。

 

そうなんです、どすの利いた声で怒るのは

言うことをきかない子どもらに対してやむにやまれずでなはく、

その方が自分がちゃんと怒った気がするからだったんです。

 

「叱ると怒るは別物」、

「注意するならおだやかに言っても通じる」と

育児相談の回答でもあります。

 

でも「怒る時はおっかなくする」という公式が

私の中で出来上がってしまっているんですね。

 

だから可愛い声で怒るなんて芸当は

竹中直人の「笑いながら怒る人」みたいな

違和感を感じるわけです。

 

そんな回答を得られた今も止められない

ダメショコラですが。


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008