本を好きになってほしい<続き>

たびたびれおママです。

 

まず大切なのは、本を読む姿勢。

自分自身もそうですが、お子さんが本を読む姿勢を

よくみてください。

 

寝る前に~なんて言ってる私が言うのもなんですが。

 

ヘンテコな姿勢で読んでいたら、それは全く頭に入ってない。

というのが、専門家の見解なのだとか。

 

これは試験向けの相談ごとなんですが、

問題分を読んでいる姿勢で、その子ができるかどうかが

一目瞭然なのだとか。

 

思い当たる節のあるお母さん。

いま育児の中で、姿勢を正すことを思い立ってみては?

 

その年齢によってお勧めの著者というのは違うのですが、

自分が物ごころついて、選べるようになった、

そのシリーズを揃えるきっかけになった、

という著者がいます。

 

低学年だったら、松谷みよ子さん。

『ちいさいももちゃん』シリーズが大好きです。

 

中学年だったら、

『ぼくは王さま』シリーズ。

『おしゃべりなたまごやき』を読んではまりました。

低学年~自分で読めるそうなんですが、

私的には文字も多いし、中学年がいいんじゃないかなぁ。

 

高学年だったら、ちょっと背伸びして

星新一さんや、清水義範さんが面白いかもしれません。

 

星さんは『ボッコちゃん』

清水さんは『永遠のジャック&ベティ』

がきっかけでした。

 

清水さんの著書は、はまりますよ~。

面白い本をあげたらきりがない!

 

絵本のほかにも、お勧め著書もこちらの育児相談で

ご紹介できたら、と思ってます。

 

れおママのブログ


ikujisoudan.jp