読み聞かせは悪?!

こんばんわ。まんまるママです。

 

前回に引き続き、テレビで有名な横峯さんの育児講演会での話題です。

 

1時間半ほどのお話の中で、一瞬、耳を疑った言葉は

「読み聞かせはしてはいけない」ということでした。

 

どんな育児の本にも読み聞かせはとっても大切だと書かれてあります。

 

な、な、なんで?

 

とは、いいつつ私自身はズボラしてあんまり読み聞かせに熱心では

なかったので、ちょっと心強い?!言葉でした。

 

横峯さんいわく、読み聞かせでは、「自分から本を読む」子供に育たない!!

 

一緒に参加していた友人は、大きく大きくうなずいていました。

 

友人は、子供が小学校中学年になった今でも、読み聞かせをしています。

子供から読んでほしいとねだられるし、喜ぶし、ちゃんと聞いてくれるのだといいます。

 

しか~し!!

自分で本を読もう、自分で理解しようとはしないのだとか・・・

 

横峯さんの保育所では、3歳までは先生が読み聞かせをしてくれるのだそうですが、

それ以降は、年長さんが年下の子供たちに読んであげるのだそう。

 

年長さんは、ちょっと偉くなった気分を味わい、

下の子は、お兄ちゃん達みたいになりたいと憧れる。

 

その経験が「自分で読みたい」という気持ちへとつながるんでしょうね。

 

もちろん、育児本に書かれてある通り、読み聞かせはスキンシップにもなるし、

必ずしも「悪」ではないとは思うんですがね。

 

ちょっと考えさせられるご意見でした。

 

読み聞かせは悪?!


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008