プロフィール


はじめまして、このサイトを運営しています、広瀬と申します。普段は三児(三姉妹)の父として子供たちと遊んで・・・、いえ、日々子供から色々なことを学ばせていただいています。

親が子供を育てているというより、子供によって親が成長させられているという面の方が大きいなと日々実感しているところです。
K_hirose09

2006年から育児カウンセラー、子育てアドバイザーとして、
毎日、全国ならびに海外からの子育ての悩み相談への対応とアドバイスをさせていただいています。これまでの約10年間で、約1万世帯、人数にすると約5万人ほどの方に関するアドバイスをさせていただいて来ました。

15年前まではまったくのド素人・・・

 しかし、私も15年ほど前までは、子育てや親子関係については、まったくの素人でした。子供が泣きわめいた時、どう声をかければいいのかさえ良く分からなかったのです。たぶん今このページを読まれているあなたの方が、当時の私よりもずっと子育てについての知識をお持ちだと思います。そんな右も左も分からない状態でした。

子供が大ピンチ!どうしても子育てを学ばなければならなかった理由・・・

 私の妻は、幼稚園の先生の経験があったので、最初「子供のことは妻に任せておけば絶対大丈夫」と安心しきっていました。しかし、その予想はまるっきり外れました・・・。妻が「子育てが苦手」だということが子供が生まれてしばらくして(1歳くらいになって)から分かったのです。「あれ、保育と子育てって同じ要領で行けるんじゃなかったの?」と私も当時は混乱しました。しかし、よくよく調べて勉強していくと、「保育と子育ては全く別のもの」ということが分かったのです。妻が悪いわけではなく、ただ私が勘違いしていただけだったのです・・・。

1ヶ月に300冊。家じゅうが本で溢れる・・・

 子供が保育園に通うようになり、毎朝「保育園行きたくない」と泣くようになり、慰めてもダメ、怒ってもダメ、一体どうすればいいんだ!このままではまずい、子育てに大失敗してしまう・・・と思った私は、図書館の育児書コーナーや心理学コーナーにある本を片っ端から借りて読んだり、Amazonで気になった本は迷うことなく次々に注文しました。毎日のように荷物が届くので、配達のヤマト運輸の方が不思議そうにしていました。部屋も廊下も本で溢れ、ミニ図書館のようになっていきました。本を読む主な場所はお風呂でした。お風呂だと血流が良くなるせいか、1時間で3冊くらいはスイスイと楽に読めたのです。毎晩、鉛筆とノートと本を10冊くらい持ってお風呂に入り、気がつけば朝になっていました。

毎日色々な方法を試すも、さっぱりうまく行かず・・・

それだけ沢山の本を読み、勉強すればきっと上手くいくだろうという感じがしますが、現実はそう甘くありませんでした。しかし、よく考えてみれば、学校で勉強したことのほとんどが社会に出て役に立たないものが多いのと同じく、本で勉強したことがそのまま子育てに役に立つということもほとんどない・・・ということなのかもしれません。「大切なことは実践で学んで行くしかない」ということなのかもしれません。ああでもない、こうでもないともがく日々でした・・・。

そして、ある日の出来事・・・

 そんな日々が続いていたある日、子供たちに留守番を頼んで出かけたことがありました。すると、子供から携帯に電話がかかってきました。何だろうと思って出てみると、「お父さん、ヒマだったから洗濯物をたたんでおいたよ」と長女(4歳)と次女(1歳)。家に帰ると洗濯ものが綺麗にたたんでありました。そして、この頃を境に、子供たちの様子が変化していったのです・・・。


「相談事例」のページを読まれた方はすでにお気づきのことと思いますが、私の育児相談は一般の育児相談のイメージとかなり違っています。

おそらく多くの育児相談が「大変でしたね」とか「お母さん、もっと自分を褒めて認めていいんですよ」とか、そういった共感するだけの相談が多いのではないでしょうか・・・。実際に色々な方から話を伺ったところ、そのような例がかなり多いようです。

確かに人は誰でも話を聞いてもらえることで、「理解してもらえた」「受け止めてもらえた」という安堵感から、一時的には気持ちが楽になると思います。でも、時間が経つとまた元に戻ってしまうため、また相談する、延々と同じことの繰り返し・・・。これでは、はっきり言って時間とお金の無駄ですし、勿体ないと思います。

少し言い過ぎかもしれませんが、相手の弱みにつけ込んで、お金と時間を吸い取っていくだけの悪徳商法的な育児相談は、できれば避けた方がいいと思います。ここまで書くと、私にバッシングが来るかもしれません。でも、そのことで悩みを解決できないまま、悩み苦しみ続けている人がいることを思えば、放ってはおけません。

私の育児相談では、お話を真剣に聞き、気持ちを受け止めて理解し共感する部分ももちろん大切にさせていただいています。それに加えて、お子さんや親御さんの『生まれ持った特性』を分析によって導き出し、そこからピンポイントで解決のためのアドバイスさせていただくというところが軸になります。なので解決までの時間は早いです。

それによって、お子さんの生まれ持った特性や性質が手に取るように分かるようになるので、問題が解決しやすくなるだけでなく、お子さんへの愛情も深まっていきます。

また、お子さんが何かのことで悩んでいるときにもすぐに気付いてあげることができやすくなりますし、将来、お子さんが抱えるであろう悩みについても、ある程度予測することができ、あらかじめ準備しておくこともできます。あまり書きすぎてもかえって混乱してしまうと思いますし、すぐには信じられないと思いますので、詳しくは実際に相談された方の声をこちらから見てみて下さい。相談された方の生の音声もこちらから聴くことができます。

子供の成長は待ってくれません。子育ての悩みをいかにして短時間で解決するか、が鍵だと思います。素早く解決して、前へ前へと進んでいきましょう。同じことで悩み続けて、停滞している時間は一番もったいないです。


CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008